continue reading hover preload topbar hover preload widget hover preload

スタディーコーナー

Categories: 未分類  |   -

子ども達が勉強する場所は、二階に設けた個室ではなく家族が近くにいるリビングやダイニングという子ども達が大半です。二階の自室に一人でこもって勉強するよりも生活感に囲まれ、親とコミュニケーションを取りながら勉強をするリビング学習の方が子どもの学力が向上するとも言われています。

最近では高額な学習机を購入するよりも、リビングやダイニングの一角にスタディーコーナーを設ける家庭の方が増えているほどです。逆に、スタディーコーナーがなければ食事をするダイニングテーブルやリビングのローテーブルで勉強しなければならず生活のメリハリが損なわれてしまいます。

そこで我が家もダイニングの一角にスタディーコーナーを設けました。明るさを確保できるように正面には窓を設けました。子どもが二人並んで勉強ができる横幅を確保すると同時に奥行も設け、教材を設けて勉強がよりしやすいように配慮しました。カウンター上部には2ヶ所コンセントを設けてスマホやゲーム機、タブレットなどを充電できるようにしました。そして上部には扉付きキャビネットを設けて勉強道具がきちんと整理できるようにもしています。

このキャビネットの下部に照明を設置し、夜でも手元部分をしっかり照らして明るい環境で勉強をしやすくしています。子ども達のスタディコーナーとしてしか利用しないのではもったいないと思い、私がここでパソコンをしたり、裁縫をしたり作業スペースとしても利用しています。夕飯の支度をしながら子どもが勉強している姿を確認できるのは安心できますし、親子で同じスペースを共有できるにも嬉しいものです。

キッチン

Categories: 未分類  |   -

家事を行う女性にとってキッチンは非常に重要な空間です。それだけにキッチンは女の城とも言われ、家事がしやすく、居心地の良さを追求する女性が多いのです。まず、キッチンで使用する鍋や料理道具の出し入れが楽に行えるようにします。以前のキッチンキャビネットは開き戸タイプが主流でした。開き戸タイプ鍋などの調理器具を重ねてしまうのと、奥にしまったものが出しにくいというのが欠点でした。

この開き戸から引き出し収納に帰ることで、奥にしまったものまで把握しやすく出し入れのしやすさも高まります。キッチンには調理道具やフライパン、鍋など様々なものを収納します。そこでしまうものに合わせた収納機能を取り入れるのです。例えば、菜箸やお玉など長い物は立てて収納することで、取り出しやすく、しまいやすくなります。またフライパンや鍋は、柄の部分がつかみやすくなる収納にすることで、重ねてしまうのとは違い出し入れがスムーズに行えます。

そして、物の出し入れがしずらい吊り戸棚は設けられなくなってきました。吊り戸棚がないことでリビングやダイニングへの見通しがよくなり、LDKの一体感も高まります。吊り戸棚を設ける場合は、目の高さまで上下に動かすことができる使いやすいものを設けておくといいでしょう。手で動かす手動式の他にスイッチ1つで動く電動式の吊り戸棚もあります。今までは壁付けのキッチンが多く、リビングに背中を向けて家事を行っていたのが、最近では対面式のキッチンが主流となり家族と向き合う形で家事を行えるようになりました。

キッチンで家事をしながらリビングで過ごす子ども達の様子が把握できることで、家事と育児の両立がしやすくなりますし、家族のコミュニケーションをより大事にできます。キッチンは家事やしやすく、楽しみながら行える環境にしたいものです。

子どもの勉強スペース

Categories: 未分類  |   -

小学生や中学生の子ども達が勉強するスペースは、二階に設けられた自室の勉強机ではなく、家族が身近に感じられるリビングです。自分の部屋にこもり勉強をするよりも、家族の気配を感じながら勉強する方が適度な生活音が五感に働きかけ、脳の活性に繋がるとも言われています。実際にリビングで勉強を行うリビング学習の方が子どもを学力を向上させているのです。

そこで最近では、立派な学習机を購入するよりもリビングの一角にスタディーコーナーを設けた家造りが積極的に取り入れられています。我が家の新居にもきちんとダイニングの窓際にスタディーコーナーを設けました。窓際に設けられたスタディーコーナーは、子ども達が二人並んでゆったりと勉強できる広さを確保しています。キッチンで家事をしながら目の前に子ども達を眺めることができ、親としても安心できます。宿題のチェックもしやすいですし、子どもが勉強している横で私がパソコンを利用したり親子で利用することもあります。

カウンター下にはオープン棚を設けておりランドセルを収納することができていますし、上部にはキャビネットを設けているため勉強道具をしっかりと整理できています。勉強道具は散らかりやすいのでスタディーコーナーに収納スペースを設けておくことも大事なのです。このようなスタディーコーナーがなければ、ダイニングテーブルで勉強をしなければなりません。食事の度に教材を片付けなければいけませんし、食卓に消しゴムのカスが散らかるのも衛生的ではありません。子どもが集中して勉強が行えるようにしっかりとスペースを確保しておくことは家造りで大切だと思います。

家事動線

Categories: 未分類  |   -

私は家事や育児に追われる専業主婦です。そんな私が家造りで重視したことが家事の効率を高めることです。家事の効率を高めることで家事の時短が実現でき、今までほとんどなかった自分の時間を過ごすことができたり、子どもと過ごす時間をより増やすことができるようになるのです。

そこで注目したのが家事動線です。家事動線に配慮することで家事の効率を高められるのです。家事の中心となるのはキッチンです。このキッチンからの動線にまず目を向けました。一日三度もある食事の支度です。これはキッチンとダイニングの動線がポイントです。そこで我が家はキッチンとダイニングを真横の一直線で繋いだのです。キッチンの前にダイニングを設ける間取りが多いのですが、これに比べると配膳が格段に楽ですし、横移動で家事の効率も高まっているのです。

そしてこのキッチンと行き来を頻回に行うのが洗面室です。キッチンで炊事をしながら、洗面室で洗濯をしたり、入浴の事前準備をしたりと同時に2種類の家事を行うことは多いです。それだけにキッチンと洗面室の動線はできるだけ短くしておきましょう。そしてこの洗面室から洗濯物干し場への動線も忘れてはいけません。洗濯物干し場は屋外用と最近では室内用を設けることが多いです。

どちらにおいても洗面室からの動線の短さ、行き来のしやすさは必須です。基本的には洗濯機のあるフロアに洗濯物干し場があるといいと言われています。一番避けたいのが、一階で洗濯をして、二階のバルコニーで干すと言う動線です。間に階段を挟みますし、動線も長くて家事の効率を下げてしまうのです。家事動線に配慮することで家事の効率は大きく変わるのです。

二階ホールを活用しよう

Categories: 未分類  |   -

最近では階段を上がった先の空間を有効利用した家造りが積極的に取り入れられています。家造りでは、無駄な空間を生まず有効活用させるということが鉄則です。今までは階段を上がった先のホールはただの通路でしかありませんでした。しかし最近ではこの二階ホールを利用して、室内用の洗濯物干し場を設けたり、ホールから廊下にかけて本棚を設置したり、スタディコーナーやパソコンスペースを設けて、有効的に空間を利用する住宅が多いのです。

我が家はこの二階ホールを中心に二階の間取りを決めたほどです。我が家には6帖の広さのあるホールを中心に寝室や子ども部屋、トイレなど各空間へ行き来するようになっています。廊下がないことで空間をより有効的に利用できるのです。この6帖の広さのあるホールは、昼間はキッズスペースとして利用しています。今までリビングに並べられていたおもちゃをここに並べるようになったことで、リビングにはおもちゃが散らかりにくくなりました。

またこのホールはリビングの一部に吹き抜けを設けており、それに面しています。子ども達だけでこのホールで遊んでいても、この吹き抜けを通して子ども達の気配を感じられるため安心して遊ばせられます。また吹き抜けを通して一階と二階で会話もしやすくなります。夜はファミリースペースとして利用することもあります。夕飯やお風呂を済ませて、寝るまでの時間をここで過ごすのです。二階にも家族で集えるスペースがあることで家族のコミュニケーションを大事にできますし、いざ眠くなった時もすぐに寝室で休めるので動線もスムーズです。二階ホールを有効的に利用してみましょう。

家族が繋がる家

Categories: 未分類  |   -

我が家の家造りは家族の繋がりというのを大事にしてきました。そこでまずリビング階段を取り入れました。今はまだ小さい我が家の子ども達も、あと10年ほど経てば思春期を迎えます。この時期は親と会話をすることも、顔を合わせることも面倒と感じる年頃です。この時期リビング階段でなく、玄関近くに階段を設けていれば、子どもがいつ帰宅していつ外出したのか分からないという日も出てくるかもしれません。

親は子どもの変化に気づいてあげにくく、家族関係も崩れやすくなるのです。リビング階段にすることで、家族の集まるリビングを必ず通らなければ二階の部屋にはいけません。リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と増えますし、コミュニケーションも生まれやすくなるのです。意思疎通がしっかりと行われることで家族関係の良好さを保つことができます。

このリビング階段は子どもの犯罪率を下げているとも言われています。親は子どもの変化に気づいてあげられやすいため心のケアもしやすくなるのです。そしてリビングの一部を吹き抜けにしました。吹き抜けにすることで広さや開放感を得られるだけでなく、一階と二階の繋がりを感じることができるのです。子ども達が二階で過ごす時間が増えても、この吹き抜けを通して互いの気配を身近に感じ、また吹き抜けに向かって声を掛ければ、一階と二階で会話もしやすくなるのです。

また我が家は二階のホールにファミリスペースを設けています。子ども達が遊んだり、勉強できるスペースです。時には二階のファミリスペースを家族団らんの場としても利用できるため家族の繋がりをより感じられる家になっています。

ママのためのワークスペース

Categories: 未分類  |   -

私が新築住宅に求めたことの一つにパソコンを集中して行えるスペースを設けることがあります。私は家事や育児をしながら合間を縫ってパソコンで仕事をしています。今までパソコンをする時はダイニングテーブルで行っていました。食事をするのも仕事をするのも同じ台を使用するというのは、生活にメリハリがなく抵抗を感じていました。また食事の度にパソコンを片付けるのが面倒でした。

ダイニングテーブルという身近な場所で仕事をしていると、子ども達が当たり前のように邪魔してきますし、なかなか仕事に集中できませんでした。そこで新築住宅にはキッチンスペースの隣に私専用のワークスペースを設けてもらいました。家事の合間の空いた時間にサッとパソコンの仕事がしやすくなります。パソコンでの仕事だけでなく、家計簿をつけたり、裁縫をしたりとちょっとしたデスクワークを行うにもこのようなワークスペースがあると便利です。

空間に合わせたピッタリのサイズのカウンターデスクは横幅があるので、私がパソコンで仕事をしている隣で子どもがお絵かきをすることもできます。将来的には子ども達のスタディコーナーとしても活用させたいと思っています。私が夕飯の準備をしている隣で子ども達が宿題をすれば、近くで子ども達が勉強している様子を確認できますし、宿題のチェックも家事の手を止めることなく行えるので効率も高まります。

ワークスペースはママが作業を行うスペースでもありますが、家事や育児、仕事の合間にホッと安らげる癒しの場でもあります。このような空間があるのとないのではママの住宅に対する満足度は大きく変わってくると思います。

昭和30年代の間取り

Categories: 未分類  |   -

昭和30年代の高度成長時代から40年、日本の家は、家族や団欒を大切にした時代から、個室重視型を経て、今再び家族の触れ合いを中心とした開放的なプランが見直されつつあります。広いリビングやダイニング、そしてオープンキッチンと、入れ物はそろいましたが、肝心の家族の結びつきが弱く、コミュニケーションが取れにくくなっているような気がします。
そこで、昭和30年代の、国民的人気漫画、サザエさんの家を検証してみましょう。

フグ田家の家族構成は、波平と舟の老夫婦、マスオとサザエの夫婦とカツオ、ワカメ、タラオの子供3人の7人家族です。
家は当時の一般的な木造平屋32坪の二世帯住宅です。間取りは、北側には西から脱衣浴室、そして台所と茶の間、その横にカツオとワカメの子供部屋があります。南側は老夫婦の居室の横に客間があり、廊下を挟んでマスオ、サザエ、タラオの居室です。その北東側に玄関があり、南側へ廊下が続き、突き当たりにトイレがあります。南側と北側は、部屋が接しています。

これは茶の間を中心にした、和の家です。フグ田家には、クーラーがありません。夏は南側の廊下から風が通りぬけていたのでしょう。北側はやや暗くなり勝ちですが、壁が少なく、引き戸や引き違い戸なので、空間の柔軟性と融通性があります。今の人間から見ると、プライバシーには欠けますが、おーいお茶、と言っても聞こえるような空間だと思われます。南側の廊下は、3世代の交流やご近所の人とのコミュニケーションの場として、重要な役割だったのでしょう。

現代の、パブリック空間と、プライベート空間が分かれている家との違いは明らかです。

キッチンの隣にダイニング

Categories: 未分類  |   -

家造りをする際にまず間取りを考えます。
間取りによってその後の暮らしの快適さは大きく変わってくるのです。
間取りを決める際には動線をしっかり考える必要があります。
動線には家事動線と生活動線がありその両面を考えて決めると家族みんなが生活をおくりやすくなるのです。
女性の人は特に家事動線を重視すると思います。

我が家も現在住宅を建設中です。間取りが決まるまで時間がかかりました。
主婦である私が着目したのはやはり家事動線です。
特に一日三回行われる食事をよりスムーズに行えるようにしたいと思ったのです。

キッチンの真横にダイニングを設けることでこれを実現できると考えました。
対面式キッチンの目の前にダイニングを設ける家庭は多いです。
しかし我が家はキッチンの真横にダイニングを設けることで家事の時短に繋がると考えたのです。キッチンの真横にダイニングを設けることで配膳の際の動線をより短くすることができます。
家族みんなの料理を配膳するのは何度も行き来をします。
その動線を短くすることで配膳への負担を軽減できるのです。

また家族みんなが食事を行うダイニングの真横にキッチンがあることでキッチンの存在をより身近に感じることができます。
キッチンにあまり立たない旦那さんや子ども達もキッチンの存在を身近に感じることで、配膳のお手伝いや食後のお皿下げなど積極的にお手伝いするようになると考えたのです。
またキッチンで家事をしながら家族がすぐ傍にいることで会話もしやすく家族の繋がりを感じられます。
我が家はキッチンの隣にダイニングを設けて家事への負担を少しでも減らしたいと思います。

自由に変化できる子ども部屋

Categories: 未分類  |   -

最近では子どもの数に合わせて子ども部屋を用意するというのではなく、一間続きの広々子ども部屋を設けるスタイルが多くなってきました。
子ども部屋とそれぞれの個室を設けていても子どもが小学生頃までは子ども部屋はほとんど使わないという家庭が多いと思います。
この時期にはそれぞれの個室があるよりも兄弟姉妹で広々とした子ども部屋で一緒に遊んだり、一緒に寝たりできる広さの子ども部屋があった方が子ども部屋の満足度が高まると思います。

中学生頃になりそれぞれの個室を必要と感じ始めた時には可動間仕切りを使用しそれぞれの個室を与えてあげればいいと思います。
この間仕切りに収納機能を兼ね備えたものもあります。
個室となりそれぞれの空間が広々としていなくても、収納スペースがしっかり確保されていれば物をきちんと収納でき、子ども部屋の居心地も悪くかんじないだろうし、圧迫感を感じることはないと思います。
子ども達が大学へ行き、家を巣立っていけば個室ではなくまた一間続きの広々空間としてもいいと思います。また収納部屋と子ども達が帰省した時に使用できる部屋として、部屋の広さを調整した子ども部屋の活用をするのもいいと思います。

子どもの成長に合わせて子ども部屋に求められるスタイルは変わってきます。
その時々でしっかり満足できる空間造りができるようにしておくことで住み心地のいい家だと感じることができるのです。
また自分達も高齢になるにつれ家に求めることが変わってきます。
変化に対応できる家でありたいものです。