continue reading hover preload topbar hover preload widget hover preload

健康で暮らせる家

Categories: 未分類  |   -

我が家は素材にこだわり、家族がずっと健康で暮らせる家というのを一番に考えて家造りを進めてきました。そこでまず直接肌が触れる床材を地元の杉を使用した無垢材の床にしました。多くの家庭で使用されているのは合板フローリングです。しかしこの合板フローリングは、触感が無垢材と比較すると全然違うのです。合板フローリングは、夏場裸足で歩くとペタッと張り付いた感触ですし、冬は冷たくて裸足で歩くことはできません。しかし無垢材の床であれば、夏はサラサラした肌触りで、冬はほんのり温かみを感じられるので裸足で歩きたくなるほどなのです。

我が家の床は浮造りの床です。凹凸感があることで足裏を適度に刺激してくれマッサージ効果が得られるのです。家に遊びに来たお客様にとても好評です。直接肌が触れる部分は触感を大事にしました。

そして壁はクロスではなく漆喰にしました。漆喰の最大の魅力は、調湿効果に優れていることです。梅雨時期など室内の水分を多いと吸収してくれ、逆に乾燥していると水分を放出してくれるのです。一年を通して室内の環境を快適にしてくれるのです。特にジメジメする梅雨時期、外から室内に入るとカラッと心地いい空間が広がるので漆喰にして良かったと実感しています。

またこの漆喰は室内の嫌なにおいや、人体に悪影響があると言われているホルムアルデヒドを吸着してくれる効果が期待できるのです。家族が健康で暮らせる家となるのです。どちらもコストは割高にはなってしまうのですが、その分の価値も大きいと思います。