continue reading hover preload topbar hover preload widget hover preload

狭小住宅 その2

Categories: 未分類  |   -

先にご紹介した東京品川区に一戸建てを建てたMさんのお宅についてです。

建て坪9坪とは本当に驚きの狭さ(申し訳ありません)なのですが、その全貌を見たときに、まるで狭小住宅とは思えない程の広さを思わせる作りでした。

改めて構造を紹介しますと、敷地面積14坪、建て坪9坪、鉄筋コンクリート造の4階建てです。

そもそも築20年程中古住宅が建っており、この土地に西海岸に建っているような白いビーチハウスをいつか建てたいと思いながらその家を建て替えるところから始まりました。

白い家で家の中にらせん階段を設置してくれる建築家をまず探すところからだったという所に、施主のMさんの家へのこだわりを感じます。

家の側面に光がふんだんに入りこむように全面ガラスを使用し、空間をより広く見せるために3階まで吹き抜けのらせん階段を設置していました。

ところが、このプランを初めに提示された時点で見積もりは予算の2倍以上。ここからMさんと建築家の共同作業が本格的に始まるのです。

まずは当初4階建てにする予定も3階に変更してコストダウンを図り、着工から一週間で上棟を行いました。人件費削減が一番の狙いであり、あらかじめ鉄骨を工場で組み立てて、それを現場へ持ち込んだために現場ではとりつけのみですみます。少しでも室内を広くするために外壁を薄くて断熱効果の高いものにし、床板と天井を一枚の板にすることで天井の高さも確保されていました。二階に設けられた寝室に限っては少しでも部屋を広くするために内壁を張っていなかったのは斬新でした。

理想を柔軟に考えてプランを出し合うことで、妥協ではない希望通りの家を手に入れることができるものなんだなと、感心しながら拝見したことを思い出します。

家とは家族の城ですものね。狭小と言われるものの、光と理想に包まれた素敵なビーチハウスが出来上がっていましたよ。

狭小住宅 その1

Categories: 未分類  |   -

私が、いままでにみた注文住宅の特集やテレビの中で、一番に感心して感動した住宅をご紹介したいと思います。

先に狭小住宅について、わたしがいかに感心したかということと、建築家の仕事とはすごいものだと語ったばかりですが、正にその狭小住宅が一番印象的だった家です。

その狭小住宅が建てられたのは東京の品川区。東京に住んだこともない私ですら一戸建てを区内に建てるということのむずかしさを想像してしまいます。

土地はきっとびっくりするくらい狭いのだろう、そして隣近所の建物はきっとひしめき合っていて、そのくせ土地はびっくりするくらい高価なんだろうな。

などと完全に素人目線でその一戸建てが建っていく様をテレビで拝見していました。

この住宅のオーナーMさんは、「白くてかっこいい家・らせん階段・風が抜けて光が入る・広いベランダ」というのが建築家へ出した希望でした。

まったくもって困難な希望です。特に最後の広いベランダという所に心配を感じながら続きをみたものです。

しかし、このMさんも土地が狭いからと言って希望を妥協せずにいたところに感心します。できるかできないかではなく、一度トライしてみてできる策を考えるという姿勢がやはり注文住宅の醍醐味なのでしょうね。理想がある限り、その理想に向かって何度も建築家とMさんはすり合わせを行い、その都度プランを変更されている姿は「相手本位でなく自分本位でもないかたちを互いにつくりあげているな」と微笑ましくなるような光景でした。

そして、加えて予算も控えめに・・・という希望があったMさんにいやな顔せず「ではこうしましょう」と提案を続ける建築家さん。結果フルオーダーの注文住宅は1600万円台で完成をしたのです。ちなみに3階建ての鉄筋構造です。

本当に、理想と強く持ち続けて工夫を凝らせば、今の時代実現できないものはないな。と本当に感心しました。

狭小住宅

Categories: 未分類  |   -

私のすんでいる大分では、住宅地の狭さとはあまり縁のない問題かもしれません。

しかし、都心近くや大都会あたりでは、住宅に供する土地があまりにも狭く、しかもそこに建てざるを得ないというお悩みを抱えていらっしゃる方は多いようですね。

実際にテレビなどで見たことのある狭小住宅としては、建て坪なんと9坪などという条件のなか工夫を凝らして見事に家を建築された方がいらっしゃいました。

私の住んでいる今の家が建て坪20坪ですので、自分がこうしてリビングで住宅についてご紹介している文章を打っているリビングとダイニング程の広さのところがワンフロアとなるのかと、たったいま想像しながら思い返しているところです。

それにしても、そのような悪条件(と言っていいのか、語弊があるかもしれませんが)の中で、自分の住まいを手に入れようとする尽力は並大抵のものではありません。

もちろん、住宅メーカーで紹介される既存のプランでは到底あり得ないでしょうし、その元の敷地面積が狭ければ、家を建てる途中の建築工程にも何かと不都合が生じるでしょう。などと、経験もしたことのない問題なのにいろいろな心配事を想像もしています。

実際に、その建て坪を住居のためにマックスの状態で使用できるかというとそうではありませんよね。内壁、外壁部分は確実に居住スペースを圧迫します。建て坪が狭ければ狭いほど、この壁の厚さすら疎ましくなるほどでしょう。

限られたスペースと縦の空間をいかに上手に無駄なく、しかもストレスフリーで過ごせる住宅をかたちにするか。素人考えでは全く打つ手がありません。実際に住んだことのある部屋や家を経験として、そこからどう工夫するかということくらいしか参考にできないのが現実的に浮かんでくる案の限界ではないかと思います。

そこいくとやはり、建築家という肩書を持たれて仕事をなさる方たちはすごいですね。

まだかたちのないところから、徐々に施主の意見を取り入れながら問題を解決しつつ、理想の家を設計していくなんて、素晴らしいではないですか。

いろんな住宅を興味本位で覗かせてもらう私としては、毎回建築家さんという方々の仕事の結果を見て感心させられています。