continue reading hover preload topbar hover preload widget hover preload

浮造りの床

Categories: 未分類  |   -

浮造りとは木材加工の一種で、木の表面を丁寧に何度もこすり合わせ、年輪を浮き上がらせるものです。このようにすることで自然な凹凸が足の裏を優しく、そして心地よく刺激してくれるのです。浮造り加工を施すことで、木目の美しさを際立てることもできますし、触感の良さを高められるのです。年輪が際立ち表面に凹凸がある浮造りの床材は、滑りにくく、子ども達や高齢者の人にも安心してもらえます。凹凸が足裏のツボを心地よく刺激してくれるため、血行を良くしてくれ冷え症の人にも適しています。無垢材の床が一面に広がることで木のぬくもりや香りが空間いっぱいに広がり心身ともにリラックスできるのです。

また、凹凸が室内の光を拡散し、目に優しい空間をつくり眼精疲労をやわらげて合板フローリングだと、夏はペタッと張り付いたような感触ですし、冬は冷たくて裸足で歩くことなどできません。しかし、無垢材であれば夏でもサラサラした触感ですし、冬はほのかにあたたかみさえ感じられるので一年を通して裸足で暮らしたくなる住まいとなっています。

また、合板フローリングは、キズが目立ちやすいです。しかし、無垢材だとキズが目立ちにくく、経年変化でこのキズが味わい深さへと変化させてくれるのです。小さい子どもがいる家庭では床におもちゃを落とすことも多いだけに、無垢材の床にすることでより安心できるのではないでしょうか。浮造り加工を施し、無垢材の床がよりおしゃれに、そして居心地を良くしてくれ魅力溢れる空間となるようにするのもいいのではないでしょうか。

素材にこだわった家

Categories: 未分類  |   -

我が家は、床材、建具、柱、階段、手すりにいたるまで地元で有名な杉を利用しました。無垢材が与えてくれるぬくもりや木の香りが広がる室内は、居心地がいいだけでなく、リラックス効果も高いのです。また、地元の木材をふんだんに利用したことで木材利用ポイントの補助金もありお得に家造りを進めることができました。

中でも床にはこだわりました。柔らかい部分を磨きながら削ぎ落として木目を浮き上がらせた浮造りの床にしました。浮造りの床は、見た目にも美しく、肌触りの良さを高めることもできます。年輪を凹凸で立体的にして足裏の心地よく刺激してくれるためマッサージ効果が得られますし、子ども達の偏平足防止やすべり止めにもなってくれます。心と体を癒してくれるのです。あえて塗装をせず木の香りが漂う室内になっているのもリラックスに繋がっているのです。建具まで同じ素材を使用することで統一感が高まり、木のぬくもりが室内に広がっているのです。

そして、壁には和紙塗壁を使用しました。暖かな肌触りとぬくもりを与えてくれ、それでいて十分な強度を保ってくれます。化学接着剤や化学塗料を全く使用していないので、とても体に優しい安全な壁材なのです。夏は湿気を吸収してくれ、冬は水分を供給して湿度調整を行ってくれます。日本の家屋に最も適した壁材であると言えるのです。自然素材で囲まれた住まいは、室内の快適性を高めてくれるだけでなく、そこに住む家族の健康も守ることができるのです。素材に注目して家造りを行うことも大事にしてみてはいかがでしょうか。