continue reading hover preload topbar hover preload widget hover preload

狭小住宅 その2

Categories: 未分類  |   -

先にご紹介した東京品川区に一戸建てを建てたMさんのお宅についてです。

建て坪9坪とは本当に驚きの狭さ(申し訳ありません)なのですが、その全貌を見たときに、まるで狭小住宅とは思えない程の広さを思わせる作りでした。

改めて構造を紹介しますと、敷地面積14坪、建て坪9坪、鉄筋コンクリート造の4階建てです。

そもそも築20年程中古住宅が建っており、この土地に西海岸に建っているような白いビーチハウスをいつか建てたいと思いながらその家を建て替えるところから始まりました。

白い家で家の中にらせん階段を設置してくれる建築家をまず探すところからだったという所に、施主のMさんの家へのこだわりを感じます。

家の側面に光がふんだんに入りこむように全面ガラスを使用し、空間をより広く見せるために3階まで吹き抜けのらせん階段を設置していました。

ところが、このプランを初めに提示された時点で見積もりは予算の2倍以上。ここからMさんと建築家の共同作業が本格的に始まるのです。

まずは当初4階建てにする予定も3階に変更してコストダウンを図り、着工から一週間で上棟を行いました。人件費削減が一番の狙いであり、あらかじめ鉄骨を工場で組み立てて、それを現場へ持ち込んだために現場ではとりつけのみですみます。少しでも室内を広くするために外壁を薄くて断熱効果の高いものにし、床板と天井を一枚の板にすることで天井の高さも確保されていました。二階に設けられた寝室に限っては少しでも部屋を広くするために内壁を張っていなかったのは斬新でした。

理想を柔軟に考えてプランを出し合うことで、妥協ではない希望通りの家を手に入れることができるものなんだなと、感心しながら拝見したことを思い出します。

家とは家族の城ですものね。狭小と言われるものの、光と理想に包まれた素敵なビーチハウスが出来上がっていましたよ。

ウッドデッキを囲む注文住宅

Categories: 未分類  |   -

築40年、生まれたときから住まい続けているその家は雨漏りが激しく、いたるところカビだらけ、かなり老朽化が進んでいるその生家におひとりで住んでいたTさんは、近い将来同居する予定のご両親に喜んでもらえるようにと新居を建て替える決心をされました。

場所は熊本の住宅地内で、敷地面積は43平方メートル。Tさんが所有している車は、敷地に対する建ぺい率いっぱいに建設されていた生家のせいで月極め駐車場に止められていました。

この新築を機に敷地内に駐車場を作りたいという希望を持たれていたそうですが、何せ土地が狭すぎます。建物と別に駐車場を作ろうとすると、その分住居部分として使える敷地が更にせまくなってしまうため、地下に駐車場を作るように注文をしようと当初から希望を持っていました。

地下の駐車場造りとなるとコンクリート構造になります。予算的には少々かさみますが、かねてからの願いであった敷地内駐車場を持つために、予算オーバーは覚悟の上でのぞまれたそうです。

高齢のご両親を将来招くことを考えて、玄関から伸びる廊下は車いすでも通れるように横幅を多めにとられています。

そして、玄関までのアプローチもゆるやかなスロープにして吊り下げ式の滑らかな引き戸から身体に負担をかけずに家に入れるように配慮されていました。

家は2階建でこの字型にし、真ん中のスペースはウッドデッキの中庭になっていました。

ウッドデッキの奥側にある和室でご両親が住まわれるとのことで、和室とデッキの段差はなくフラットになっていて、ウッドデッキからも小さな段差で外へ出られるようになっています。

地下の駐車場から直接家に入れるように大きめの勝手口を設けて出入りのストレスを解消しています。「出かけるのがおっくうになる家にはしたくなかった」というご両親への愛情がたくさん盛り込まれてある注文住宅でした。

断崖絶壁の注文住宅  つづき

Categories: 未分類  |   -

見事な眺望を楽しめる、昔より地元で人気のあった住宅地の一角を手に入れたHさんが作り上げた注文住宅は正に、その断崖絶壁にこそふさわしい家でした。

「海を眺めながら晩酌を毎日楽しみたい」というHさんの希望を叶えるために設置されたのは眺望の良い南側に大きなテラスでした。

そのテラスから望む海は、毎日見ていてもきっと飽きることはないほどきれいで、海を独り占めしているような気分にすらさせてくれそうです。

奥様のスペースであるキッチンはリビングから半1階下がった奥に備えられていました。そのキッチンはリビングとつながってはいるものの、絶妙な段差を付けているおかげで落ち着いた空間となっています。

そして同時に、居酒屋さんのカウンターの様な雰囲気もだしていて、ご主人の晩酌がその時間だけ自宅という感覚を忘れてしまうほどだと言われていました。

海に面した開放的な雰囲気を損なわないように、備え付けられた海側の窓はすべて大きめにしてあります。この窓を全開にすればいつでもすがすがしい風が家の中へと取り込めて、風通しも最高です。

家具や収納類はほぼ全室作りつけのかたちにして、風通しを収納具で遮らないように配慮をされていたのも、自然の風をいつでも家に取り込むための準備だったのでしょう。

風通しも、眺望も、すべてはこの断崖に建てられたスキップフロアーのHさんの注文住宅のためにあったかのように、あらゆるものがプラスに生かされた注文住宅でした。

一民家としておくのがもったいなく感じるほど、特別で贅沢なお宅です。

こんな非日常の空間を日常で過ごすことができるというHさんが全く羨ましく感じました。

理想をかたちにするということの真髄を見たような注文住宅の良さを最大限に引き出しているなと関心をしたものです。

断崖絶壁の注文住宅

Categories: 未分類  |   -

門前に日本海が望める新潟の住宅地に一目ぼれをしてしまい、即購入をしてしまった土地オーナーHさんがその土地に住宅を建てようとした時の様子をご紹介。

昔から多くの人たちのあこがれの場所となり高い人気を誇っていたその住宅地は何と高低差30メートル、平均45度の傾斜地といういわゆる崖地でした。

ロケーションとしては最高でしょうが、この断崖絶壁に家を建てようと幾度となくさまざまな住宅メーカーを回ったそうです。がしかし、なかなか想像通りの思い描く住宅像が実現できそうになかった為、この絶壁の良さを最大限に生かしてくれそうな地元の建築家へ注文を決めたとの事でした。

この出会った建築家は傾斜面の住宅を得意とすることで有名な方らしく、施主の理想を叶えつつかつ予算内に収めるというのがモットー。費用がかさむ傾斜地での基礎部分を最小限に抑えることを常に考えておられると言われていました。

絶壁の土地に基礎を省略できるはずもありません。しかも、一番重要な部分とも思える基礎部分でのコスト削減は、傍目に見ても不可能に感じざるを得ませんでした。

しかし、出来上がった住宅を見たとたんに、目からうろこの住宅のかたちがそこにありました。何と大規模な基礎を作らずに、逆に45度もある傾斜を生かすような設計となっていたのです。

道路から階段状に下っていく、土地の傾斜に添ったかたちでの2階建スキップフロアーに仕上がっていたのです。

実は基礎工事ではこの傾斜地に強固な地盤があることが分かったため、これを利用して頑丈な基礎を作ることができたというのはHさんにとってもラッキーでした。

この強固な地盤の上に建物を乗せる形となり強度は全く問題なかったそうです。

平坦に建造する普通の家では味わえない眺望を楽しみたいという、Hさんの理想の土地に建った理想の住宅がそこにはありました。