continue reading hover preload topbar hover preload widget hover preload

家計に優しい浴室にしておこう

Categories: 未分類  |  Tags: ,

たくさんの光熱費と水を使う浴室は、家計の大事な節約ポイントであることを頭に入れておきましょう。
しっかりと節水し、光熱費を節約することでお財布の負担が軽い浴室となるのです。
まずは、浴槽です。
冷めにくい浴槽で光熱費を大幅に削減するのです。
今までの浴槽は断熱効果が弱く、6時間で5~6度もお湯が冷めていきました。
時間をおいて後から入るともうお湯がぬるくなっているということもあったのです。
断熱性の高い浴槽では6時間で2~3度と2倍以上お湯が冷めにくいことになります。
そうすることで追い炊きや自動保温の必要性も減るため、光熱費の大幅な削減につながります。
さらに、浴槽の大きさにも注目しておきましょう。
浴槽の大きさも光熱費削減に深い関係があるのです。
最近の浴槽は45㎝前後と浅くなっています。
また、角部分を丸くしたり、浴槽内に半身浴用のステップが設けられていたりすることで、従来は300リットル以上だった容量が約260リットル程度にまで少なくなったタイプもあり、その分水道代や光熱費が削減できるのです。
次に、シャワーです。
入浴中は面倒くさくて、ついつい水やお湯を出しっぱなしにしてしまいがちです。
最近のシャワーヘッドには水の出し止め用のスイッチがついているものもあり、手元で簡単に水の出し止めができるようになっています。
とても便利であるだけでなく、大幅な水道代や光熱費の節約が実現できるのです。
また、シャワーの中に水に空気を混ぜることで、気泡を包み込んだ大きな水滴にして浴び心地を高めたタイプのシャワーがあります。
このように気泡が入ることによって節水にも繋がります。
浴槽やシャワーに注目し、家計に優しい浴室にしておきましょう。