continue reading hover preload topbar hover preload widget hover preload

浮造りの床

Categories: 未分類  |  Tags:

浮造りとは木材加工の一種で、木の表面を丁寧に何度もこすり合わせ、年輪を浮き上がらせるものです。このようにすることで自然な凹凸が足の裏を優しく、そして心地よく刺激してくれるのです。浮造り加工を施すことで、木目の美しさを際立てることもできますし、触感の良さを高められるのです。年輪が際立ち表面に凹凸がある浮造りの床材は、滑りにくく、子ども達や高齢者の人にも安心してもらえます。凹凸が足裏のツボを心地よく刺激してくれるため、血行を良くしてくれ冷え症の人にも適しています。無垢材の床が一面に広がることで木のぬくもりや香りが空間いっぱいに広がり心身ともにリラックスできるのです。

また、凹凸が室内の光を拡散し、目に優しい空間をつくり眼精疲労をやわらげて合板フローリングだと、夏はペタッと張り付いたような感触ですし、冬は冷たくて裸足で歩くことなどできません。しかし、無垢材であれば夏でもサラサラした触感ですし、冬はほのかにあたたかみさえ感じられるので一年を通して裸足で暮らしたくなる住まいとなっています。

また、合板フローリングは、キズが目立ちやすいです。しかし、無垢材だとキズが目立ちにくく、経年変化でこのキズが味わい深さへと変化させてくれるのです。小さい子どもがいる家庭では床におもちゃを落とすことも多いだけに、無垢材の床にすることでより安心できるのではないでしょうか。浮造り加工を施し、無垢材の床がよりおしゃれに、そして居心地を良くしてくれ魅力溢れる空間となるようにするのもいいのではないでしょうか。