continue reading hover preload topbar hover preload widget hover preload

家族が繋がる家

Categories: 未分類  |  Tags:

我が家の家造りは家族の繋がりというのを大事にしてきました。そこでまずリビング階段を取り入れました。今はまだ小さい我が家の子ども達も、あと10年ほど経てば思春期を迎えます。この時期は親と会話をすることも、顔を合わせることも面倒と感じる年頃です。この時期リビング階段でなく、玄関近くに階段を設けていれば、子どもがいつ帰宅していつ外出したのか分からないという日も出てくるかもしれません。

親は子どもの変化に気づいてあげにくく、家族関係も崩れやすくなるのです。リビング階段にすることで、家族の集まるリビングを必ず通らなければ二階の部屋にはいけません。リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と増えますし、コミュニケーションも生まれやすくなるのです。意思疎通がしっかりと行われることで家族関係の良好さを保つことができます。

このリビング階段は子どもの犯罪率を下げているとも言われています。親は子どもの変化に気づいてあげられやすいため心のケアもしやすくなるのです。そしてリビングの一部を吹き抜けにしました。吹き抜けにすることで広さや開放感を得られるだけでなく、一階と二階の繋がりを感じることができるのです。子ども達が二階で過ごす時間が増えても、この吹き抜けを通して互いの気配を身近に感じ、また吹き抜けに向かって声を掛ければ、一階と二階で会話もしやすくなるのです。

また我が家は二階のホールにファミリスペースを設けています。子ども達が遊んだり、勉強できるスペースです。時には二階のファミリスペースを家族団らんの場としても利用できるため家族の繋がりをより感じられる家になっています。