continue reading hover preload topbar hover preload widget hover preload

キッチン

Categories: 未分類  |   -

家事を行う女性にとってキッチンは非常に重要な空間です。それだけにキッチンは女の城とも言われ、家事がしやすく、居心地の良さを追求する女性が多いのです。まず、キッチンで使用する鍋や料理道具の出し入れが楽に行えるようにします。以前のキッチンキャビネットは開き戸タイプが主流でした。開き戸タイプ鍋などの調理器具を重ねてしまうのと、奥にしまったものが出しにくいというのが欠点でした。

この開き戸から引き出し収納に帰ることで、奥にしまったものまで把握しやすく出し入れのしやすさも高まります。キッチンには調理道具やフライパン、鍋など様々なものを収納します。そこでしまうものに合わせた収納機能を取り入れるのです。例えば、菜箸やお玉など長い物は立てて収納することで、取り出しやすく、しまいやすくなります。またフライパンや鍋は、柄の部分がつかみやすくなる収納にすることで、重ねてしまうのとは違い出し入れがスムーズに行えます。

そして、物の出し入れがしずらい吊り戸棚は設けられなくなってきました。吊り戸棚がないことでリビングやダイニングへの見通しがよくなり、LDKの一体感も高まります。吊り戸棚を設ける場合は、目の高さまで上下に動かすことができる使いやすいものを設けておくといいでしょう。手で動かす手動式の他にスイッチ1つで動く電動式の吊り戸棚もあります。今までは壁付けのキッチンが多く、リビングに背中を向けて家事を行っていたのが、最近では対面式のキッチンが主流となり家族と向き合う形で家事を行えるようになりました。

キッチンで家事をしながらリビングで過ごす子ども達の様子が把握できることで、家事と育児の両立がしやすくなりますし、家族のコミュニケーションをより大事にできます。キッチンは家事やしやすく、楽しみながら行える環境にしたいものです。