continue reading hover preload topbar hover preload widget hover preload

自由に変化できる子ども部屋

Categories: 未分類  |   -

最近では子どもの数に合わせて子ども部屋を用意するというのではなく、一間続きの広々子ども部屋を設けるスタイルが多くなってきました。
子ども部屋とそれぞれの個室を設けていても子どもが小学生頃までは子ども部屋はほとんど使わないという家庭が多いと思います。
この時期にはそれぞれの個室があるよりも兄弟姉妹で広々とした子ども部屋で一緒に遊んだり、一緒に寝たりできる広さの子ども部屋があった方が子ども部屋の満足度が高まると思います。

中学生頃になりそれぞれの個室を必要と感じ始めた時には可動間仕切りを使用しそれぞれの個室を与えてあげればいいと思います。
この間仕切りに収納機能を兼ね備えたものもあります。
個室となりそれぞれの空間が広々としていなくても、収納スペースがしっかり確保されていれば物をきちんと収納でき、子ども部屋の居心地も悪くかんじないだろうし、圧迫感を感じることはないと思います。
子ども達が大学へ行き、家を巣立っていけば個室ではなくまた一間続きの広々空間としてもいいと思います。また収納部屋と子ども達が帰省した時に使用できる部屋として、部屋の広さを調整した子ども部屋の活用をするのもいいと思います。

子どもの成長に合わせて子ども部屋に求められるスタイルは変わってきます。
その時々でしっかり満足できる空間造りができるようにしておくことで住み心地のいい家だと感じることができるのです。
また自分達も高齢になるにつれ家に求めることが変わってきます。
変化に対応できる家でありたいものです。