continue reading hover preload topbar hover preload widget hover preload

断崖絶壁の注文住宅  つづき

Categories: 未分類  |   -

見事な眺望を楽しめる、昔より地元で人気のあった住宅地の一角を手に入れたHさんが作り上げた注文住宅は正に、その断崖絶壁にこそふさわしい家でした。

「海を眺めながら晩酌を毎日楽しみたい」というHさんの希望を叶えるために設置されたのは眺望の良い南側に大きなテラスでした。

そのテラスから望む海は、毎日見ていてもきっと飽きることはないほどきれいで、海を独り占めしているような気分にすらさせてくれそうです。

奥様のスペースであるキッチンはリビングから半1階下がった奥に備えられていました。そのキッチンはリビングとつながってはいるものの、絶妙な段差を付けているおかげで落ち着いた空間となっています。

そして同時に、居酒屋さんのカウンターの様な雰囲気もだしていて、ご主人の晩酌がその時間だけ自宅という感覚を忘れてしまうほどだと言われていました。

海に面した開放的な雰囲気を損なわないように、備え付けられた海側の窓はすべて大きめにしてあります。この窓を全開にすればいつでもすがすがしい風が家の中へと取り込めて、風通しも最高です。

家具や収納類はほぼ全室作りつけのかたちにして、風通しを収納具で遮らないように配慮をされていたのも、自然の風をいつでも家に取り込むための準備だったのでしょう。

風通しも、眺望も、すべてはこの断崖に建てられたスキップフロアーのHさんの注文住宅のためにあったかのように、あらゆるものがプラスに生かされた注文住宅でした。

一民家としておくのがもったいなく感じるほど、特別で贅沢なお宅です。

こんな非日常の空間を日常で過ごすことができるというHさんが全く羨ましく感じました。

理想をかたちにするということの真髄を見たような注文住宅の良さを最大限に引き出しているなと関心をしたものです。