continue reading hover preload topbar hover preload widget hover preload

低予算で工夫を凝らした注文住宅

Categories: 未分類  |   -

建築総工費2000万円以下というコストの条件の中で、埼玉にお住まいのAさんは見事に希望通りの健康的で快適な自然派住宅を完成させました。

しかし、素材にこだわるとどうしてもコストが膨らんでしまいます。

そこで、依頼を受けた若手建築家はとにかくさまざまな部分でコストダウンを図りながら家を完成へと導いていきました。

一番コストダウンで大きかった部分としては、まずは建材の量です。素材の品質は落としたくなかったために杉を使いたいというAさんご夫婦の希望をそのままに、床板を厚くすることで床を支える根太という角材をなんとなくしてしまったのです。

素人考えでできる発想でないところですよね。さすが建築家さん。これにより15万円ほどの削減に成功です。

続いて、生石灰クリームという壁材を内壁に塗る塗装作業をAさんご夫婦自らがおこない、これを提案した建築家も作業を手伝うことで費用は材料費だけに押さえることができたそうです。この自前塗装で20万円の削減。そしてそのほかも小さい部分も大きな部分も問わず、いたるところでコストを抑えようとAさんご夫婦と建築家が互いに案を出しあって頑張っておられました。上棟式の費用も料理の大変得意な奥様が冬場の寒さも考えて、手作りおでんをふるまうなどで地道に着実にコストダウンを実現されていました。

この努力の結晶ともいえる注文住宅は、出来上がった後もコストダウンをAさん家族にもたらしてくれていました。

夫婦で塗った生石灰クリームの壁材と杉という自然素材を譲らずに活用したことで、空気清浄効果のほかに湿度の安定が実感できるそうで、梅雨時のじめじめした季節ですら常に湿度は60%という快適な状態を保ってくれるおかげで、除湿・加湿の心配が全くないといわれていました。

杉の質感を生かした、床と天井はそのまま木の肌が見えるあたりも心身ともに毎日を健康にしてくれそうな雰囲気のある素敵な注文住宅でした。