continue reading hover preload topbar hover preload widget hover preload

住宅の顔

Categories: 未分類  |   -

住宅の顔と言われる部分は玄関です。玄関は、家族が毎日出入りを行う場所でもありますし、家に来たお客様がまず最初に足を踏み入れる場所でもあります。出入りがしやすく、また美しく、衛生面がしっかりと保てる空間にしたいものです。

しかし、実際には玄関には履いていた靴が脱ぎっぱなしになっていたり屋外で使用した物がいつまでも玄関脇に置きっぱなしになっていることも多いです。靴や物が散らからないようにシューズクロークの収納力を高めておきましょう。我が家のシューズクロークにはL字型に可動オープン棚を設けています。家族の靴を大容量に収納できていますし、ブーツや長靴など高さのあるものも棚の高さを調整することでスッキリと収めることができるのです。どこに誰の靴があるのかが一目で把握でき、オープン棚なので出し入れもしやすいのです。

ここには靴だけでなく、屋外で使用する工具、洗車用具、アウトドア用品などもここに整理することができています。そして、土間収納もしっかりと確保しました。土間収納があると屋外で使用して汚れていてもサッと片付けることができるため重宝します。ベビーカーや三輪車ゴルフバックなど大きさのあるものがスッポリと収められるシューズクロークがあると玄関に物が散らかりにくいのです。ニオイ対策として天井にはナノイー発生機を設けています。このシューズクロークのおかげで玄関の快適性をしっかりと確保できています。

素材にこだわった家

Categories: 未分類  |   -

我が家は、床材、建具、柱、階段、手すりにいたるまで地元で有名な杉を利用しました。無垢材が与えてくれるぬくもりや木の香りが広がる室内は、居心地がいいだけでなく、リラックス効果も高いのです。また、地元の木材をふんだんに利用したことで木材利用ポイントの補助金もありお得に家造りを進めることができました。

中でも床にはこだわりました。柔らかい部分を磨きながら削ぎ落として木目を浮き上がらせた浮造りの床にしました。浮造りの床は、見た目にも美しく、肌触りの良さを高めることもできます。年輪を凹凸で立体的にして足裏の心地よく刺激してくれるためマッサージ効果が得られますし、子ども達の偏平足防止やすべり止めにもなってくれます。心と体を癒してくれるのです。あえて塗装をせず木の香りが漂う室内になっているのもリラックスに繋がっているのです。建具まで同じ素材を使用することで統一感が高まり、木のぬくもりが室内に広がっているのです。

そして、壁には和紙塗壁を使用しました。暖かな肌触りとぬくもりを与えてくれ、それでいて十分な強度を保ってくれます。化学接着剤や化学塗料を全く使用していないので、とても体に優しい安全な壁材なのです。夏は湿気を吸収してくれ、冬は水分を供給して湿度調整を行ってくれます。日本の家屋に最も適した壁材であると言えるのです。自然素材で囲まれた住まいは、室内の快適性を高めてくれるだけでなく、そこに住む家族の健康も守ることができるのです。素材に注目して家造りを行うことも大事にしてみてはいかがでしょうか。

土地選び

Categories: 未分類  |   -

家造りはまず土地を探すことから始めるという人は多いです。しかし、なかなか自分に合った土地が見つからず、家造りが前に進められないと足止め状態になっている人も多いのではないでしょうか。我が家も1年以上かけて土地を探していました。

自分に合った土地を探すためには、事前に家を建てる目的をしっかりと整理しましょう。永住するための家を造るのか、いずれは住み替えるつもりでいるのかで選ぶ土地も変わってきます。それと一緒に土地に求める条件に優先順位をつけておきましょう。家族構成やライフスタイルによって土地に求める条件は変わってきます。自分達が何を最優先させるかで選ぶ土地が絞られて、土地選びが進めやすくなるのです。

新しい家で暮らしの中心となるものは何なのかということを考えてみましょう。子育てや仕事、趣味など各家庭で異なります。環境や治安なのか、通勤や通学時間なのか、やはり広さが一番なのかなど様々な条件の中で優先順位をつけておくのです。そして気に入った土地が見つかれば一度や二度ではなく、朝・昼・夜の時間ごとにはもちろん、雨の日や晴れの日など気象条件の異なる日にも足を運び、様々な角度から土地を見定めるのです。価格の安さだけで購入することを決めるのではなく、しっかりと暮らしをイメージして、納得して土地を購入しましょう。

スタディーコーナー

Categories: 未分類  |   -

子ども達が勉強する場所は、二階に設けた個室ではなく家族が近くにいるリビングやダイニングという子ども達が大半です。二階の自室に一人でこもって勉強するよりも生活感に囲まれ、親とコミュニケーションを取りながら勉強をするリビング学習の方が子どもの学力が向上するとも言われています。

最近では高額な学習机を購入するよりも、リビングやダイニングの一角にスタディーコーナーを設ける家庭の方が増えているほどです。逆に、スタディーコーナーがなければ食事をするダイニングテーブルやリビングのローテーブルで勉強しなければならず生活のメリハリが損なわれてしまいます。

そこで我が家もダイニングの一角にスタディーコーナーを設けました。明るさを確保できるように正面には窓を設けました。子どもが二人並んで勉強ができる横幅を確保すると同時に奥行も設け、教材を設けて勉強がよりしやすいように配慮しました。カウンター上部には2ヶ所コンセントを設けてスマホやゲーム機、タブレットなどを充電できるようにしました。そして上部には扉付きキャビネットを設けて勉強道具がきちんと整理できるようにもしています。

このキャビネットの下部に照明を設置し、夜でも手元部分をしっかり照らして明るい環境で勉強をしやすくしています。子ども達のスタディコーナーとしてしか利用しないのではもったいないと思い、私がここでパソコンをしたり、裁縫をしたり作業スペースとしても利用しています。夕飯の支度をしながら子どもが勉強している姿を確認できるのは安心できますし、親子で同じスペースを共有できるにも嬉しいものです。

キッチン

Categories: 未分類  |   -

家事を行う女性にとってキッチンは非常に重要な空間です。それだけにキッチンは女の城とも言われ、家事がしやすく、居心地の良さを追求する女性が多いのです。まず、キッチンで使用する鍋や料理道具の出し入れが楽に行えるようにします。以前のキッチンキャビネットは開き戸タイプが主流でした。開き戸タイプ鍋などの調理器具を重ねてしまうのと、奥にしまったものが出しにくいというのが欠点でした。

この開き戸から引き出し収納に帰ることで、奥にしまったものまで把握しやすく出し入れのしやすさも高まります。キッチンには調理道具やフライパン、鍋など様々なものを収納します。そこでしまうものに合わせた収納機能を取り入れるのです。例えば、菜箸やお玉など長い物は立てて収納することで、取り出しやすく、しまいやすくなります。またフライパンや鍋は、柄の部分がつかみやすくなる収納にすることで、重ねてしまうのとは違い出し入れがスムーズに行えます。

そして、物の出し入れがしずらい吊り戸棚は設けられなくなってきました。吊り戸棚がないことでリビングやダイニングへの見通しがよくなり、LDKの一体感も高まります。吊り戸棚を設ける場合は、目の高さまで上下に動かすことができる使いやすいものを設けておくといいでしょう。手で動かす手動式の他にスイッチ1つで動く電動式の吊り戸棚もあります。今までは壁付けのキッチンが多く、リビングに背中を向けて家事を行っていたのが、最近では対面式のキッチンが主流となり家族と向き合う形で家事を行えるようになりました。

キッチンで家事をしながらリビングで過ごす子ども達の様子が把握できることで、家事と育児の両立がしやすくなりますし、家族のコミュニケーションをより大事にできます。キッチンは家事やしやすく、楽しみながら行える環境にしたいものです。

窓の重要性

Categories: 未分類  |   -

だれもが住宅に希望することが「夏は涼しく、冬暖かい家」ということではないでしょうか。我が家もまずこのことを住宅に希望しました。冷暖房に頼らずエコな暮らしをしたいものです。それには窓が大きな役割を果たしてくれるのです。冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、窓58%です。夏の冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%です。この数字を見ても窓の重要性は一目瞭然です。

そこで我が家は、遮熱高断熱Low-E複層ガラスを取り入れました。これは2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱の特殊金属膜をコーティングしたものです。この特殊金属膜は、太陽光線のなかで、可視光線を透過させ、赤外線や紫外線を大幅にカットしてくれるのです。そこで期待できるのが省エネ性です。夏は太陽の熱を大きく反射するので冷房効果を高めてくれ、冬は高断熱性能を発揮し、室内の暖かさを室外に逃しにくくするので暖房効果の向上に役立つのです。

夏の照り付けるような日差しや熱気をしっかりカットしてくれ、1枚の板ガラスに比べると約5倍の日射熱をカットしてくれるのです。寒い冬は窓の結露で悩まされている家庭も多いです。窓の結露は断熱性が低いと生じてしまします。断熱性能を高めることで結露を大幅に抑制できるのです。結露を放っておくとカビやダニが発生します。健康を害すこともあるだけに、結露の抑制は健康な住空間を作り出すことにも繋がるのです。住まいの快適性を大きく左右する窓に注目して家造りをしてみましょう。

子どもの勉強スペース

Categories: 未分類  |   -

小学生や中学生の子ども達が勉強するスペースは、二階に設けられた自室の勉強机ではなく、家族が身近に感じられるリビングです。自分の部屋にこもり勉強をするよりも、家族の気配を感じながら勉強する方が適度な生活音が五感に働きかけ、脳の活性に繋がるとも言われています。実際にリビングで勉強を行うリビング学習の方が子どもを学力を向上させているのです。

そこで最近では、立派な学習机を購入するよりもリビングの一角にスタディーコーナーを設けた家造りが積極的に取り入れられています。我が家の新居にもきちんとダイニングの窓際にスタディーコーナーを設けました。窓際に設けられたスタディーコーナーは、子ども達が二人並んでゆったりと勉強できる広さを確保しています。キッチンで家事をしながら目の前に子ども達を眺めることができ、親としても安心できます。宿題のチェックもしやすいですし、子どもが勉強している横で私がパソコンを利用したり親子で利用することもあります。

カウンター下にはオープン棚を設けておりランドセルを収納することができていますし、上部にはキャビネットを設けているため勉強道具をしっかりと整理できています。勉強道具は散らかりやすいのでスタディーコーナーに収納スペースを設けておくことも大事なのです。このようなスタディーコーナーがなければ、ダイニングテーブルで勉強をしなければなりません。食事の度に教材を片付けなければいけませんし、食卓に消しゴムのカスが散らかるのも衛生的ではありません。子どもが集中して勉強が行えるようにしっかりとスペースを確保しておくことは家造りで大切だと思います。

長期優良住宅

Categories: 未分類  |   -

長期優良住宅という言葉も最近では聞きなれてきました。我が家も長期優良住宅に魅力を感じ、我が家は長期優良住宅を採用しました。この長期優良住宅とは、住宅を長期に渡り使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建て替えに係る費用の削減によって住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としているのです。

長期優良住宅と認定されるには7つの認定基準を満たさなければなりません。まず、耐久性です。世代を超えて住み継がれるレベルの耐久性を備えているかということです。そして住戸面積です。良好な居住水準を確保するために必要な規模を有していなければなりません。そして、維持管理・更新の容易性です。メンテナンスやリフォームしやすい家にしなければなりません。次に、居住環境です。地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであることが求められます。

そして省エネルギー性です。断熱性能など一定の省エネルギー性が確保されている必要があります。耐震性も求められます。大規模な地震に対して倒壊しにくい、また、もしもの際も直しやすく、損傷が少なくて済む一定の耐震性が必要なのです。最後に維持保全計画です。図面仕様書等データを保管し、構造耐久上主要な部分、給排水管等について、仕様や点検の項目及び予定時期が指定されたものであることが求められます。これら7つの認定基準を満たして初めて長期優良住宅と認定されます。長期優良住宅と認定されると財政面でもバックアップしてくれます。それだけにこれからも長期優良住宅は増えていくのではないでしょうか。

カップボード

Categories: 未分類  |   -

キッチンにカップボードの存在は欠かせません。我が家はこのカップボードを、キッチンの空間に合わせて造りつけてもらいました。天井近くにまで広がるカップボードは高さがあるだけでなく、扉三枚に渡る横幅で収納力に優れています。キッチンで必要なものが全てこのカップボード内に収められています。

まず扉一枚分はキッチンパントリーとして、食材やキッチン雑貨を収納しています。30㌔のお米の袋までもスッポリと収められるので、キッチンがスッキリとしています。パントリーの隣の扉一面には、食器類を収納しています。普段使いするものからお客様用の食器、お弁当箱やタッパなど器類全てをこの一面に収納しているので、食器選びがしやすくなりました。その隣にはキッチン家電を収納しています。炊飯器や電子レンジなど毎日のように使用するものは手の届きやすい中段部分に設置し、ホットプレートやたこ焼き器、フードプロセッサーなど使用頻度や大きさ、重さに合わせて上段・下段部分を利用して収納しています。その他に料理本やコーヒーメーカーなどもきちんとカップボード内に収められており、キッチンで必要なものが一面に取り揃えられているので物の出し入れがしやすいです。

収納力だけでなく、シーンに合わせてすりガラスの扉をフルオープンにしたり、フルクローズにしたりできることも気に入っています。調理や片付けをする時には扉を開けておくと物の出し入れがしやすいですし、調理後や来客時には扉で収納しているものを全て隠しておけるのでスッキリと生活感を感じさせないキッチンが広がるのです。このカップボードのおかげでキッチンの居心地が高まっています。

動線に配慮したシューズクローク

Categories: 未分類  |   -

最近では玄関の横にシューズクロークのない家はない!と言っていいほど各家庭の玄関横に設けられています。シューズクロークと言えども、靴や傘をしまうだけの収納場所ではないのです。玄関周りに散らかりがちな子どもの三輪車やベビーカー、スポーツ用品に洗車用品などこれらの外で使用する物までもしっかりと収納できる土間収納スペースを確保したシューズクロークが人気なのです。外で使用して靴をしまうのと同時にこれらの物までもかたづけられれば、玄関周りに物が散らかりにくくなり快適性の高い玄関を維持できるのです。

我が家はそんなシューズクロークからの動線にも配慮しました。シューズクロークで靴や物を片付けると同時に、そのまま室内へ入れるようにしたことで、子ども達が自分の靴を自分で管理する習慣が身に付いたのです。靴の出し入れも可動オープン棚なのでどこにどの靴があるかが一目で分かります。子ども達の靴は下部に手の届く位置に並べることで自分の靴の管理をしやすくしたのです。

また今まで旦那さんの趣味であるゴルフ用品の収納場所に頭を悩ませていました。このゴルフ用品においてもシューズクロークにしまうようにしています。ゴルフへ出かける際や帰宅した際が今まで以上に楽になり、趣味の時間もより楽しめるようになったのです。また今まで雨の日に使用したレインコートの収納場所にも頭を悩ませていました。シューズクローク内にコートクロークを設けたので、濡れたままここにレインコートを掛けられるのです。冬はいつも着用する上着をここに一時置きできるので便利さが高まっています。シューズクロークと室内をスムーズに繋いだことで使い勝手の良さも高まっているのです。